コトブキ荘

コトブキ荘は、兵庫の豊岡市にて、
まちなかの空き家を活用した、
シェアスペースです。

記事一覧(8)

-本とテントと音楽と- 『芝生の広場で一箱古本市』 古本市や、出張図書館。

サンドイッチや美味しいスープ

お菓子や音楽と一緒に  芝生に寝転びながら

本を楽しむ、秋の日を

過ごして見ませんか? --------------------10.28土 10:00-16:00 豊岡市役所前市民広場 入場無料 主催:旅する本棚実行委員会 ◻︎テントやラグ持ち込みOK ◻︎子どもたちが、楽しく過ごせるアートワークショップ、読み聞かせなどあり。 ◻︎豊岡市立図書館から、司書さん厳選の子ども向けの出張図書館が開架。図書カードで実際に本を借りることができます。 ◻︎フード・ドリンクの出店あり。 ◻︎読書に合う音楽演奏あり。 ◻︎本の寄贈受付あり ------------------------------ このイベントは、近年の子どもや大人の読書時間の減少を楽しく解決するために有志によって計画しました『旅する本棚』 プロジェクトのvol.1です。 
『旅する本棚』とは、捨てるにはもったいない「また誰かに読んでほしい本」を集め、集めた本を海辺や高原などの心地よい場所や、地域のイベント、病院、なかなか本を借りにいけない集落等に本棚ごと旅をさせ、本と一緒に楽しい時間を過ごしてもらおうというプロジェクトです。 今回の旅先は、秋の芝生。 >>『一箱古本市』に出店してみたい方。本や雑貨を少し、販売してみませんか? ダンボール箱や家にあるちょっとした本棚などに本を持ってきて
当日、店番をするだけです。(出店料は無料です。)
ちょっとした雑貨を一緒に販売するのもOKです。 事前にkotobukisou73@gmail.comに  1:お名前
2:連絡先

をお送りください。当日までの簡単なご準備方法について
詳細をご連絡いたします。 >>捨てるにはもったいない「また誰かに読んでほしい本」を集めています。 本の寄贈は
イベントまでの本日10.07から
イベント当日も受付ます。

コトブキ荘1周年企画「観音講vol.1 花房観音さんと楽しむ 但馬出身作家 山田風太郎」のトークイベントの開催が決定

コトブキ荘では1周年にあたり、文学の秋にふさわしいイベントを開催します。 
観音講VOL.1(※以下参照)として、但馬出身作家の花房観音さんを迎えて、同じく但馬出身作家の山田風太郎さんの魅力に迫ります。 意外と知られていない偉大な作家、山田風太郎。 この機会に山風さん(山田風太郎の愛称)の魅力を見つけてみませんか?  「今まで二人の小説を読んだことがない」という方も大歓迎! 但馬にちなんだ作品など、その他オススメの作品紹介もいたします。 (当日は花房観音さんの書籍販売もします)  また、イベント後半では花房観音さんが「小説家になるまで」のお話も伺います。豊岡での生活からどのような道筋で作家になられたのか、現在の但馬への思いとは…?ぜひお聞き逃しなく。 更に!希望者は21時半~のアフタートーク (別途有料:おつまみ・1ドリンク付きで破格の1500円!要予約)として、 ちゃぶ台を囲み花房観音さんと語らうひと時もあります。 これからも随時イベント情報をアップしますので
ぜひFacebook「コトブキ荘」もチェックしてくださいね。 →https://www.facebook.com/kotobukiso/ 【イベント概要】 □トーク
>2017年9月29日(金) >open 18:30- >start 19:00- >参加費 ¥1000(1drink付) □アフタートーク(希望者のみ・要予約) >start 21:30- >参加費 ¥1500(おつまみ&1drink付)  【ご予約】

kotobukisou73@gmail.com まで 下記の4項目をご記入いただいた
メールをお送りください。  1:氏名 2:人数 3:アフタートークへのご参加   有/無 4:連絡先  お電話でのご予約・お問い合わせは 0796-20-7894(松宮)まで ※観音講とは…
かんのんこう【観音講】
①観音の徳を講讃する法会。②観音の信者の集まり。 「 -を結ぶ」 ― 大辞林より
その他、農村の女性たちが定期的に集い、愚痴を言いあったり息抜きをしたりとの話もあるそうです。「花房観音さんを迎えて」にぴったりなこの言葉をお借りして、コトブキ荘ではこの企画を継続していく予定です。応援・カンパ、よろしくお願いします!